現代の主な感染経路

ある時代においては、B型肝炎の主な感染経路が、医療機関だったことがありました。なぜ医療機関なのに肝炎に感染してしまうのでしょうか。それが、『医療器具の使い回し』によるものです。それが特に血液を扱う注射器等である場合、B型肝炎ウイルスを保有している人の注射器をそのまま用いてしまうことによって、感染してしまうのです。現在は医療機関による徹底がなされているため、その感染経路から肝炎ウイルスを発症することは少なくなりました。他に考えられる感染経路の一つが、『性行為』です。B型肝炎の原因の多くを占めているのも性行為なのです。そもそも感染力が高いB型肝炎ウイルスですが、主な原因として考えられるのが、どちらか片方が『事前に検査をしていない』という点が挙げられます。事前に双方が検査を行っておくことによって、予防となります。この点で、特に注意が必要であると言えます。また、低確率ですが母子感染、入れ墨やピアスなどによる感染も考えられます。

どちらにしても、私達一人一人が、肝炎ウイルスが自分や他人に影響を与える可能性があるということを意識し、知識を得て、対策を行っておくなら、感染を広げずに済みますし、早期に治療が行えます。

参照ページ【http://www.adire-bkan.jp/
⇒集団感染によるB型肝炎の訴訟について相談に乗っています。