有効な治療法

主にB型が主な起因とされる劇症肝炎は、『脳症』を発症したり、『肝不全』状態を引き起こす、とても危険な状態です。肝臓の機能が、大きく失われようとしているからです。パニック障害や、意識障害などを引き起こすと、大変危険な状態と言えます。では、肝炎を発症した場合…それもおもに、慢性化した場合、どのような治療が有効なのでしょうか。一つは、『タンパク質投与』です。投与と言っても、それは皮下注射などで行われますが、『インターフェロン治療』と呼ばれる治療が代表的です。『IFN』とも呼ばれるその治療法は、肝臓の機能を破壊するウイルスの働きを抑制させる効果があります。どちらかというと、C型肝炎の治療に用いられる治療法です。これに対し、『IFNフリー』という治療法も存在します。

基本的に、肝炎ウイルスに感染した場合、最初は『急性肝炎』の症状を伴い、そこから『慢性肝炎』および『劇症肝炎』に発展します。その過程で、命に関わる『肝硬変』や『肝臓がん』などを引き起こす可能性もあります。そして、患者がそれらのサインに気付くのが遅れ、治療が遅れてしまえば、死亡率も高くなります。肝臓は症状に気付きにくい部位です。だからこそ、危険な病気である、とも言えます。